Sunny.
僕の言葉は単純なものだ 遠い国からの手紙のように                   別に涙がいるわけじゃない  ―― 田村隆一 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
ボンド・セレクション8 メッコール
『メッコール』
2005年02月11日

今日、弁当屋(かつ大)横の自販機でお茶を買ったら、「あたり」が出ました。いまどき、あたりつきの自販機自体珍しいってのに、まさかあたりが出るとは思いませんでした。

さて、あたりつきの自販機といえば、思い出すことがあります。
みなさん「メッコール」って知っていますか?
韓国発の激マズ飲料として日本にその名をとどろかせた、知る人は知るジュースです。

あれは中学1年の時。
まっさむは友人からメッコールの存在を聞き、それを買いに行く旅に出ました。このジュース、普段エリアとしていた九段・三番町方面では売っていなかったため、飯田橋方面まで出張する必要があったのです。そして噂の自販機には確かにメッコールが置いてありました。

そしてその自販機があたりつきだったのです。

まっさむはお金を投入して、メッコールのボタンを押しました。

がちゃこん。

噂の飲料メッコールが取り出し口から出てきました。
それと同時にぴぴぴぴぴぴぴぴ……と当たりルーレットが回り始めます。

しかしまっさむはそんなルーレットのことなど意にも介さず、しげしげと長旅の末手に入れたメッコールに見入っていました。


すると、なんと。


ちゃらりらっちゃらー!
  と自販機があたりを宣告したのです!

メッコールのこと以外何も考えて無かったので、あまりの不意を突かれたまっさむは動転し、何を選べばいいのかという考えが頭の中で全くまとまりませんでした。

そしてまっさむは、何かに取り憑かれたような目で陳列されているメッコールを見つめ、震える手で再びメッコールのボタンを押したのでした。


がちゃこん。
ぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴぴ……


二本目。
いったい自分のこの状況をどう理解したらいいのか全く分からぬまま、二本目を取り出し、初対面なのにいきなり二つも目の前に現れたメッコールたちと向かい合っていました。

そのとき、状況は新たな展開を迎えました!











ちゃらりらっちゃらー!




あまりの想像外の出来事に、13歳のまっさむは

完全に判断力を奪い去られてしまいました。

もうなかばトランス状態で、

再びメッコールのボタンを押したのです。




そして試しに一本開けて、ひとくち飲んでみたまっさむは、9月の夕暮れの中、
激しい後悔に襲われることとなったのでした。


いまでもあのときのことを思い出します。
せめて三本目はココアでも買って、姉にあげれば良かったんじゃないかって……。

以上、まっさむとメッコールでした。
【2009/06/16 11:00】 | commentを書く(0) |
<<ボンド・セレクション9 末小吉 | ホーム | ボンド・セレクション7 アパートの冷戦>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

最近の記事とcomment

更新暦

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

自己紹介

まっさむ

筆者:まっさむ
今年は年賀状遅れました。ごめんなさい。

過去の記事(月別)

訪問者数


リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。