Sunny.
僕の言葉は単純なものだ 遠い国からの手紙のように                   別に涙がいるわけじゃない  ―― 田村隆一 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
最近読んだ本
最近読んだ本の中でいくつかを紹介。

翻訳夜話 (文春新書)翻訳夜話 (文春新書)
村上 春樹 柴田 元幸

文藝春秋 2000-10
売り上げランキング : 14572




分かる人には「お前まだそれ読んでなかったのかよ」的な本です。
ミスチルとサザンが好きなのに『奇跡の惑星』を聞いたことがないみたいな感じかな?

いろいろな人に話を聞くけどが、普段本を読まない人でも、春樹だけはすんなりと読めるという人はかなり多い。これは春樹の文章自体の透徹したリズムの美しさに理由があると思います。
本人は本書中で、文章にはビートとうねりがあり、僕はそれを大事にしている、的なことを書いているのですが、とにかく春樹の文章はごく自然に人をひきつけるリズムを持っていると思います。

かつ、文学に深く親しんできている人にも深く訴えかけるものがある。
やっぱ春樹は日本文学界の奇跡としか言いようがない。

両氏の対談は無駄なくだりが一切なく、何箇所も何箇所も素晴らしい言葉がちりばめられており、もう教員辞めて受験勉強して東京大学に入って柴田元幸教授のゼミに入って翻訳者を志そうかと、一瞬本気で思いました。



走ることについて語るときに僕の語ること走ることについて語るときに僕の語ること
村上 春樹

文藝春秋 2007-10-12
売り上げランキング : 398



こっちはちょっと前に出た春樹の新刊。
同じランナーとして、心打ち震えながら読みました。創作家としてもランナーとしても、村上春樹に心酔している俺には、もう神から言葉が降りてくるに近いものがあります。前のシングルモルトウイスキーやジャズの話よりずっと近い。
おかげで走るモチベーションがだいぶ上がり、最近は結構頻繁に走れています。今のところの目標は、キロ5分で10kmを走れる基礎走力をつけることです。絶対サブフォー獲ってやる。




トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫 オ 9-10)トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫 オ 9-10)
ポール・オースター 柴田 元幸

新潮社 2007-12
売り上げランキング : 32630



こっちは柴田氏の方の新刊。柴田氏と言えばオースター、オースターと言えば柴田氏というくらい有名ですが、この新刊のできもかなりいい! 
オースターの苦労時代がつづられたエッセイ集で、今は世界的文豪のオースターも、売れる前は糊口をしのぐために、野球のカードゲームを玩具展示会で売り込みをしていたなんていう、想像もつかないような話が語られています。




ぼくには数字が風景に見えるぼくには数字が風景に見える
D. タメット 古屋 美登里

講談社 2007-06-13
売り上げランキング : 3572



映画『レインマン』は俺の人生最高の名作の一つなのだけれど、レインマンと同じ驚異的な計算力と記憶力を持つ自閉症患者、「サヴァン症候群」の人が自らの半生を語った手記。
小数点100桁近い割り算を暗算ででき、十数ヶ国語を話せるという能力を持つにもかかわらず、他人にも感情があるということをなかなか理解できなかった、という男の話。まるで宇宙から来た人間の視点で語られるているような遊離感を持っており、人生に対する概念をひどく揺さぶられる。
すげー本だった。ここまで圧倒的な本を読んだのは、マイケル・ギルモア以来だった。


私信
>断腸
こないだあげた『リヴァイアサン』はオースター作、柴田元幸訳です。良い本でしょう。良い本だ。
スポンサーサイト
【2008/02/28 22:44】 | commentを書く(7) |
エルレはマイナーなのか?
いわゆる「ロキノン系」とか「Pizza of Death」のアーティストが好きだと、「メジャー」の感覚が世間と少しずれてくる。先日、職場の後輩と話をしてて、エルレもラッドも何もかもことごとく知らないと言われて、自分の感覚に自信を失った。
そこでミクシのコミュニティのメンバー数でメジャー度を調べてみました。


まず、俺の中でメジャーかな?と思われるアーティストのメンバー数は……



0223-1.jpg
0223-2.jpg
0223-3.jpg



世代がばれるねw
さすがにチャゲアスは古すぎたかな……。

ちょっと最近の人も検索してみました。



0223-10.jpg
0223-11.jpg



さすがに多い!
こなへんが一応「メジャー」の参考ラインになるのかな。



では俺が参加してるコミュニティ「曽我部恵一」と「eastern youth」を見てみると……


0223-4.jpg


んー、ちょっとメジャーとは言えないかな……。
でも曽我部さんのほうはチャゲアスに辛勝してるし、とりあえずチャゲアスよりはメジャーってことでいいでしょ。


では次、行きます。
こないだライブに行ったBoomBoomSatellitesは……

0223-5.jpg

多っ!
想像外に多い! どうりで会場混んでたわけだー。
アレだけメディアの露出がないのにここまで多いってのはすげーなー。



さあここから先、ことごとく知らないと言われたバンドを見ていきます。

0223-9.jpg
0223-6.jpg

ほらきた! これきた!
この2つは世間では「マイナー」に思われるかもしれないけれど、ミクシ的にはサザン(20299)よりもメジャーです。
これからも胸を張って「メジャー」と主張していきたいです。




さらにどう考えてもマイナーとは思えないのに後輩に一蹴されたエルレは……

0223-7.jpg

多っ! 多ーっ!!
スキマスイッチ(43849)やコブクロ(73042)を軽々と凌駕。
よかったー。
これでやっと自分に自信を取り戻せそうです。



最後に、絶対マイナーじゃないと思うラッドは……

0223-8.jpg

すすす、すげー!
まさかの10万人越え!
ここまで来ると、逆にラッドを見くびっていた自分に恥じ入りです。
いやー、ロキノン系、しっかり人気あるんだねー!
ファン多いよね! メジャーだよね!

とすっかり自分に自信を取り戻せたところで今日は終わりにします。

※俺が管理人のコミュ「大人数の飲み会が苦手」は現在7人までメンバーを増やすことに成功しました。みなさん入って下さい。メンバーが50人ぐらい行ったら大規模にオフ会でもやりましょう(笑)
【2008/02/24 01:48】 | commentを書く(4) |
ファミコンその2
こないだドラクエの話を書いたけれど、ついでに懐かしくなって何本か昔やったファミコンのソフトを挿してみた。そしたら感動!

2017-1.jpg
小学生の頃にクリアしたFF3のデータがまだ残ってた!(中央)
キャラの名前は、当時夢中になって読んでいたギリシア・ローマ神話に登場する人物・神から取ったんだった。懐かしい……(例えば「アキリーズ」は「アキレウス」の英語読み、つまり英雄アキレスです。)
そしてこのあと、世界の神話や悪魔に興味を持つようになって、「女神転生」にめちゃくちゃ夢中になる。

で、これが中学生の頃にやった「女神転生2」のデータ。
こっちも残っててまた感動。
2017-2.jpg
誰も分からないと思いますが、すごく強いデータです(笑)
ガネーシャは日本でも祀られている「歓喜天」

2017-3.jpg
レベル100魔神ルシファー。


あの頃費やしたあの時間と労力と熱意を、何か別のものに向ければ、もうちょっとマシな人間になってたんじゃないかと思って後悔することがあります……。
【2008/02/19 17:00】 | commentを書く(0) |
BoomBoomLive
Boom Boom Satellitesのライブに行く。
今日の会場は新木場スタジオコースト。メンバーは断腸、まひと、あとライブ友達のまーや君。

2016-1.jpg

ライブは予想を裏切らないぶっちぎりの音だった。
ブンブンはCDで聞くのとライブで聞くのではかなり印象が異なる音を出す。ライブ前から酒をがっつり注ぎ込んでから行ったのでかなりいい感じに飛べた。
ちょっと疲れて終盤、レストフロアの方に引っ込んで、遠い音聞きながら一人で酒を飲む。そなへんの人にタバコもらって、久しぶりに吸ってみたら、なんだか言葉にできようもないほど心が安らいだ。
月イチくらいでライブ行って、こういう時間を持たないと、俺死ぬかも。


ところでライブハウスのトイレにいっぱいコンドームが売っていた。
2016-2.jpg
新木場はラブホなんて無いから、ライブハウスの裏あたりでやれってことなのかなあ。もしくはトイレの中とか?
【2008/02/17 22:49】 | commentを書く(3) |
くにたちファーム
大学の友人「ばぶ」「しゃも」と国立(くにたち)まで飲みに行く。
行き先は国立にある「農家の台所」というお店。しゃもが仕事で関わっている店らしい。
いろんな珍しい野菜を日本各地から仕入れて食べさせてくれる。
好きなタイプの店で、テンションがめっさ上がる。

yasai1.jpg
野菜コーナーで宴会用に作られていた野菜盛り合わせ。めっちゃおいしそう!


yasai2.jpg
こんな感じでお姉さんが白にんじんやサラダえのきやクレソンやアフリカほうれんそうやらを取り分けてくれます。

yasai3.jpg
で、出来上がったお通しのサラダ。最初の一杯はにごり梅酒!


yasai4.jpg
店内ディスプレイ。
このような育ちゆく野菜を見ると心がきゅ~んとします。生きものばんざい。


yasai5.jpg
こちらは店内の廊下に沿って育ちゆく野菜たち。きゅ~ん。きゅ~ん。


yasai6.jpg
さてメニューにいきましょう。こちらキャベツのフォワグラ添え。フォワグラの脂をちょっと載せて食べるとキャベツがめちゃくちゃうまい。ばぶは「マックの味がする」と言ってましたが、彼女はセレブなので、マックでフォワグラを食べているのかもしれません。


yasai7.jpg
本日のメインメニュー。
モロッコの蒸し鍋で蒸されて出てきたのは……


yasai8.jpg
ばばーん! やっぱり野菜です。お肉やお魚と一緒に蒸されておいしさがよくしみこんでいます!


このように非常にステキなお店で、ばぶやしゃもともあれこれと話し込み、非常に充実した一日となりました。とても心が安らぎました。

おまけ。
yasai9.jpg
お店の出口に貼ってあった選挙ポスター風の農業ポスター。
すごいパワーを感じます。
つーか、ふだんどういう使われ方をしているんだろう?
【2008/02/12 05:06】 | commentを書く(4) |
霧の日の朝
最近、大雪が降ったり、溶けた雪が凍結したり、さらに湿気が冷えて霧が降りたりと、面白い気候が続く。

霧の日の朝出勤したら、ラグビー部が朝練する姿が、逆光の霧の中、黒い人影となって浮かんで見えていて、「なんてフォトジェニック!」と思い、ケータイのカメラで急いで撮影。

しかしケータイの性能では限界があり、撮れた写真はイメージから程遠い作品に……。

fog1.jpg

隣席の「すゑ」さんに見せたら、「なんかの宗教団体の集会みたいですね」と言われる。
たしかに太陽から何かが降臨してますね。
降臨を祝う秘祭のようでもあります。



ちなみに撮りたかったのはこういうイメージの写真でした
fog2.jpg
ホトショップで加工して作成。
ラガーメンたちが疾走しているポーズだったら文句なし、って感じです。

これを機に、もうちょっとデジカメを持ち歩く習慣をつけようと決意しました。


※おまけ
卒業生がバイトしているフランチャイズのそば屋に行ったら、店長がいない、ということで色々と特別サービスしてくれました。写真はドーナッツ。バイトみんなが遊びで作ったものにアイスをトッピングしたものだそうです。
子供が作ってくれた料理は何でもおいしいと言いますが、ちょっとそんな気持ちになり、ハッピーでした。
cake.jpg
【2008/02/09 17:53】 | commentを書く(0) |
極地
グーグル・アースを見るといつも気になってしまうのは極地だ。
シベリアやアラスカ、グリーンランドやアイスランド、氷に包まれた地形を眺め、どこまで人が住んでいるのかとか、どんな植物が生えているのかとか、また、ここで白夜や極夜を送る人達の生活に思いを馳せてしまう。

極地の国家や極地の民族。寒さに耐えながら生き続ける人々。
初めてアメリカ大陸に移住したヨーロッパ人は、アイスランドの民なんだそうだ。
アイスランドとグリーンランドはメルカトル図法で見ていると気づかないが実はめちゃくちゃ近い。
earth.jpg
グリーンランド経由でカナダへと移住した民がはるか西の「ヴィンランド(ぶどうの国)」に移住した人々として北欧のサーガに語られているらしい。
(ちょっとそれるのだけれど、ドラクエの中でもⅢが一番好きなのも、マップの中に「極地」があるからじゃないかと思う)

実際に極地に行きたいとは思っていないかもしれない。見てみたいとは思うけれど。ただ、世界のさいはての地がどのようであるのか、自分の目にどう映るのかを、確認してみたいという欲求は強く心に感じている。
【2008/02/05 22:08】 | commentを書く(0) |
夕闇
♪春は名のみの風の寒さや~
立春になると毎年『早春賦』を口ずさんでしまいます。尊敬する祖父が好きだった歌なので。だから立春も一年で最も好きな一日です。

今日は久しぶりに部活の面倒を見なければならなかったので、グラウンドに行った。最近近くのグラウンドが工事中なので、少し遠くにあるグラウンドまで行く。ここのグラウンドが広い。今日は晴れていたから、地平線の果てまで夕焼けが広がり夕闇に染まっていくのが見られた。
夕闇に染まる時間帯は一日の中で一番好きな時間帯だった。高校の頃は、ゆっくりと薄い闇に沈んでいく池袋の町が好きだったし、つくばに来てからも広い空が藍に染まっていく風景は心の波紋をかき消すような安静を与えてくれた。
就職してから、毎日忙しくて、夕闇の時間をゆったりと迎えられることがすごく少なくなった。だから今日は久しぶりに星がまたたくまで空を見ていられてとても幸せだった。早く夏休みになって、昔みたいに毎日好きなだけ夕闇の空と向き合える過ごせる時期が来て欲しいと思う。
【2008/02/05 00:20】 | commentを書く(0) |
最近の記事とcomment

更新暦

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

自己紹介

まっさむ

筆者:まっさむ
今年は年賀状遅れました。ごめんなさい。

過去の記事(月別)

訪問者数


リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。