Sunny.
僕の言葉は単純なものだ 遠い国からの手紙のように                   別に涙がいるわけじゃない  ―― 田村隆一 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 |
檜町公園
先日、学校行事で赤坂の新国立美術館に行ってフェルメール展を見てきた。
(新国立美術館はすげー感じのよい施設でした!プライベートでもおすすめ)

その帰りに、こないだできた東京ミッドタウンを見に行こうとして「檜町公園50m」と書かれた看板を発見する。

檜町公園。

いわゆる普通の町の公園、って感じの公園で、ここに薄汚い池があって、めちゃくちゃいっぱいコイが釣れる池だった。中学生の頃、昼間っから何してるか分からないオッサンに混じってよく友達とコイを釣りに行ったもんだったなあ……と懐かしくなり、ミッドタウンより先に檜町公園に行くことにする。

そしたら驚き。

hinoki1

ななな、何!?!? ∑(; ̄□ ̄)!!
この先鋭的なモニュメント!
てゆうか、ここどこ!?



俺の知ってる檜町公園は……
hinokiP0041.jpg
こんな感じのごくごくノーマルな公園で、



07-11-15_14-04.jpg
このような先鋭的デザインのすべり台とか、


07-11-15_14-02.jpg
クリスマスイルミネーションの準備がしたたかに進められているような、そんな公園ではなかった。



問題の池はといえば、
07-11-15_13-56.jpg
このようにステキな庭園風にデザインされたごく浅い池となっており、



hinokityou03.jpg
このようにオッサンたちが釣りをしていた姿なんて夢幻だったのではないかという感じだった。





どうやらミッドタウンの建設に当たって、隣接していた檜町公園は完全に再整備されてしまったらしい。
再整備の様子はここのサイト『ライブカメラ//東京ミッドタウン』さんに詳しく紹介されていた。どうやら公園全体が根本的に作り変えられてしまったらしい。



07-11-15_14-27.jpg
ミッドタウンから見た檜町公園。
赤矢印にさっきのモニュメント。こうして見るとたしかに景観はスタイリッシュでかっこいいけど、昔の檜町公園を愛してた人にはやっぱり一抹の寂しさは残る(´・ω・)……。


その中でも変わってなかったもの。


07-11-15_13-59.jpg
公園に隣接して建ってたボロ家。
何一つ変わりない姿に感動。


※昔の檜町公園の写真は以下のサイトから勝手にお借りしました。
『東京散歩』
池の昔の全景が見られます。
『音庵』
あの釣り人の様子をよくフィルムに収めていてくださいました。

スポンサーサイト
【2007/11/18 23:15】 | commentを書く(0) |
街角写メール

教室のベランダに溜まってたいらない傘をヒモで束ねて捨てようとしたら、なんだか現代芸術っぽくなった。
かっこよかったので撮影。



-------------------------------------------------------



友人オガタが結婚するので、二次会の出し物の練習で新宿に向かう。
途中、日暮里駅で発見した修悦体の看板。
shuetsu.jpg
修悦体というのは、最近テレビに出てたと聞いたので知っている人が増えたみたいだけど、説明すると、新宿駅の警備員・佐藤修悦さんがガムテープのみで作る独特のゴシック体のこと。
あちこちで話題になってるし、Webサイトもある。


-----------------------------------------------------



行った先は「歌広場」。
「歌広場」のトイレに、こんなテプラが貼ってあった。

benki1.jpg

benki2.jpg

このテプラは、誰が誰のために貼ったものなのだろうと考えると、謎は深まるばかりだった。
【2007/11/08 00:09】 | commentを書く(6) |
ポケモン憑依。
昨日シネプレのレイトショーで、「クワイエットルームにようこそ」を見に行った。
まあまあの映画だった。
ちょっとストーリーが散漫になる気がするけど、十分面白く見られる。
あと内田有紀が美人だ。



その帰り。
国立環境研が、毎夜夜空に放っている緑色のレーザービームがあるのだけれど、それをシネプレの駐車場で見てはしゃいでるおじさんがいた。特に気にも留めず、ぼんやりと面白い人だなあとか思ってたら、そのおじさんが突然、何かを抱きかかえて「ハニー、ハニー! どうしたのハニー!」と叫び始めた。



暗闇だったこともあり、抱いているものが人のようにも見えるが普通の人には見えず、人形を抱いて叫んでいる怪しい人かと思い、遠巻きに眺めていたが、万が一を考えて近寄ってみると人形ではなく、生きている外国人女性であることが判明する。
連れてた奥さんが先の緑色のレーザーを見ているうちに昏倒したらしい。



意識が朦朧とし立ち上がれず、なかなか回復しなかったので、結局救急車を呼んだんだけど、救急車が来るまでに話をしてみたら、奥さんはフィリピン出身の霊能力者ということが判明する。
だからしきりに「誰かが見える、誰かがいる」と言ってたわけか。

つーかこれ憑依だったら、救急車来てどうにかなる問題なのか?って思いながらも救急車は到着し、奥さんは無事に運ばれていったので今頃はきちんと意識を取り戻してると思う。それにしても不思議な、軽く肝を抜く事件だった。


でも、今思うとアレだな。


あの緑色のレーザーで奥さん倒れたのは、子供がポケモンの番組見て倒れたのと一緒なんじゃないかな……(; ̄⊥ ̄)……。
【2007/11/03 19:07】 | commentを書く(0) |
友達の活躍
①後輩がカグシンに通る
キックボクシング&生物学類の後輩の「生涯現役」(←いつ見ても変なハンドルだ)が、学振に通った。(学術振興会特別研究員の略)
このことのすごさは「業界」の人しかわからないのだけれど、とにかく大学院生・研究者としてのエリートコースに乗った、ということです。
ほんとにこいつが報われなくて誰が報われる、ってぐらいの真摯な人間だったので、我がことのように嬉しい!
ここからがスタートなんだ、頑張れよー!

②友人が医学部に編入する
院生時代の友人「ばぶ」が医学部に学士編入するらしい。(ナカガワとマヒトは会ったことあるな、自然・化学専攻の彼女。あとTYKの人にはウメマツさんと同じ会社に入った人って言えば記憶にある人もいるのかな?)
いつの間にそんな壮大な計画を進行させてやがったんだ。
いろいろ話を聞きたいもんだ。


俺は毎日右から左へと仕事を淡々とこなす毎日。
ことさらに不満は無いけど、満足してるわけでもない。
しばらくは「まさゆき研究所」の更新に力を注ぎたいと思ってます。
それが何になるのかって、俺なりに考えがあるんだよ。
【2007/11/01 22:24】 | commentを書く(5) |
最近の記事とcomment

更新暦

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自己紹介

まっさむ

筆者:まっさむ
今年は年賀状遅れました。ごめんなさい。

過去の記事(月別)

訪問者数


リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。